July 24, 2015

断捨離

家の中に物が多い事が、なにかとイライラする原因なんだって気付きました。

何をするにも物が多くて、そのうち片付けなくなって…更にイライラ。

犬関係で寄付いただいたものがとても多いのでやたら捨てる事は出来ませんが…少しずつ捨てて身軽になりたい。

気に入ったものを大切に使う。

そういう厳選されたものに囲まれた生活憧れます。



July 23, 2015

夏野菜育ってます

夏野菜、順調に育っています。

やっぱり土がまだまだ硬いから根菜類はうまく出来ないのが残念。

じゃがいもはすーごく小さいままの収穫でした。しょぼん

でもでも、ピーマンやナス、トウガラシ…その他もろもろちゃんと育っているのでひと安心。



 シソの勢いもすごい


ミニトマトは伸びっぱなしの実り放題!

朝起きて犬を出す時に赤くなった実から取って夫と食べてます。
水もやらないし肥料もやらないので、とても甘い。
フルーツみたいです。

前に住むおばあちゃんから戴いて植えた種。「サクサク王子neo」の正体は、どうやらインゲンだったみたい。

たくさん種を戴いたので、
・日当たりの良い畑
・落ち葉が多い日陰
・まぁまぁ日当たりの良いプランター
と、3カ所に蒔いてみました。

1番良く育ったのは、プランター。


その次が、日陰。

畑のサクサク王子は大きさが10㎝ちょっとしか伸びず、豆もかなり小さい。

土が良くない?
日が当たり過ぎるのも良くない?

農薬肥料使ってどこでも間違いなく育つ野菜とは違って、色々と勉強になります。

明日は土の為に廃菌床をたっぷりあげよう。






July 22, 2015

セルフビルド

我が家のログトレーラーにはキッチンが無く、敷地入り口のプレハブをキッチンとして使ってます。

ログトレーラーからの距離は50mくらい…かな?

あまりにも遠くて色々と面倒なので…
ログトレーラーの横に15畳ほどの小屋を建てることにしました。

自分で。


本当は梅雨前に基礎工事をやりたかったのだけど、設計がなかなか思うように進まず全然とりかかれていません。
(CADの使い方で相当手こずり何度も書き直しをしてようやく慣れてきたところ)
適当にヤギ小屋作るってレベルじゃないので、出来る限り計画的に!です。

工法は枠組壁工法。
(ツーバイフォー工法)

だいたいの図面は出来てきたので、これから設備関係の配管・配線を決めていくところです。

そもそもblogを始めたきっかけはこの家づくりの過程を残そうと思ったからなので、着工出来るよう頑張りたいと思います。

テーブルとイスとかヤギ小屋レベルしか作った事ない素人だし女だけど、やれば出来るってところを見せてやりたいです。(←誰に)


とりあえず、2日前に尻もちついて強打した尾てい骨の痛みがはやく無くなりますように。

July 19, 2015

ようやく!

ラベンダーも終わり、今のところ私の育てているハーブでは最後の花になりました。

ヤロウ

ダイヤーズカモマイル

フェンネル

ヤロウとフェンネルはすごく小さい株で植えてからしばらくは全然大きくならなかったけど、この1ヶ月ほとでグングン伸びました。

花が終わっちゃうのは寂しいなぁ…

今のところまだまだ元気に咲いていて蕾をつけているのは、ナスタチュームとクローブピンクくらいかなぁ。



July 4, 2015

satorisan

最近知って気になっていた"satorisan"

シンプルなスニーカーなんだけど、色合いもすごく好みで履きこんだような生地感がとてもツボなんです。

でもこんな良いスニーカー私たちには履けないなぁ…と諦めていたら!

satorisanを輸入されている会社の方と繋がるご縁があり、WAMPERSをサポートしたいとスニーカーをプレゼントしてくださったのです!
まだまだ色々と整っていない環境だけど、散歩だけでも快適に出来るように、と。
嬉しすぎて泣きそうでした。


しかも私たちにだけではなく、犬にもたくさんのフードを送ってくださったり。

こうやって支援してくださってる方々の気持ちを裏切らない為にも、早く勝浦WAMPERSを完成して活動の幅を広げられるよう頑張っていこうと改めて思いました。

うんうん、頑張るぞ!

July 1, 2015

また仔猫…

仔猫がいなくなって1週間も経たずしてまた仔猫きました。

近所の納屋で野良猫が産んじゃったようで連絡が来まして。

夫と近所の子どもが捕獲しに行きました。

そして4匹捕獲!


猫って今までみんな同じ顔に見えてたけど、親によって顔つきが全然違うのね!


しかし母猫は捕獲出来ずだったので、この乳飲み子達をどうしたものかと悩んだ末…


頼みの綱のミケ!(怖い)


ミケの仔猫たちと同じくらいの大きさだし?
仔猫いなくなって日も浅いし?
うっかり子育てしてくれちゃったりして!

なんて淡い期待を抱きながら仔猫たちのケージにミケを投入すると…

唸って凝視するミケと、視線を逸らして完全に固まる仔猫たち…


これは困ったぞー
と思ったけど、翌日からはミケが仔猫を舐め始め、仔猫もすっかりミケに懐きました。
おっぱいもちゃんとあげている!

ありがとうミケ!
助かるよミケ!