March 20, 2015

鶏とたまご

私たちは住んでいる土地から車で5分程の場所に農地と山林を持っていて、そこでは40羽弱の鶏を飼っています。

烏骨鶏、後藤もみじ、小さなチャボは鶏小屋の中で。
毎日たまごを産んでくれるので、もうしばらくたまごは購入していません。

↓たまごを産んでくれる後藤もみじ


去年そのたまごを孵卵器で孵しました。とてもとても小さくて可愛いヒヨコたち。



こんなに小さいのに殻から出てきた瞬間からモリモリ餌食べます。
どんな生き物でも産まれた瞬間から「生きる」為の本能は働いているんだねぇ。

そのヒヨコ達は今やこんなに大きく成長し、鶏小屋にも入らず自由に暮らしています。笑


毎朝、餌をあげに行くと草むらから「おはよーー!ごはんーー!」と大勢で走り寄ってくる。
その姿が可愛すぎて抱き上げようとしますが100%逃げられます。(毎朝の日課)

でもご飯コーナーまで私の足元を10羽以上でワラワラついてくる。

気分は人気者です。

この子たちとは別グループで、尾長チャボも自由行動しています。


(↑この白いチャボは私が作業してる間ひたすら後をついて来ます。が、絶対捕まらないツンデレくん。)

先日車を運転中にイタチが横切ったので、そろそろ彼らも鶏小屋に入れなくては…。
イタチは鶏を殺して血を吸うんですって。これからは蛇も出てくるし、鶏には敵だらけのシーズンです。

とりあえず、明日もみんな無事でたくさんたまご産んでますように!

No comments:

Post a Comment